2006年09月24日

太陽に向かって/韓国ドラマ

太陽に向かって _000001_DS320.jpg

出演:クォン・サンウ、ミョン・セビン、チョン・ソンファン、
   キム・ジョンファ

やっと、見終わりました。全部で20話。

ラブコメディなんですが、ストーリーが少し強引。

イノシシのような性格のカン・ソンミン(クォン・サンウ)が
妹が入院した病院の女医チョン・ヘリン(ミョン・セビン)に
一目ぼれ。ここから、ドタバタが始まります。

いくつか韓国ドラマを観ましたが、私としてはイマイチでした。

クォン・サンウの軍服姿がカッコイイという方、必見かも。わーい(嬉しい顔)

<評価:ハートたち(複数ハート)右斜め下





posted by 三十郎 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

連理の枝/韓国映画

連理の枝_000002_DS320.jpg

監督:キム・ソンジュン
出演:チェ・ジウ, チョ・ハンソン, チェ・ソングク, ソ・ヨンヒ

チェ・ジウ、好きです。

「冬ソナ」の相棒ペ・ヨンジュンの「四月の雪」がイマイチだったので
あまり気乗りしなかったんですが、とうとう観ました。

結構良い出来です。わーい(嬉しい顔)

韓国らしくおかしな点もいくつかありましたが、でも楽しめます。

主役ミンス(チョ・ハンソン)の友人ギョンミン(チェ・ソングク)が
コミカルで良い味を出してます。

2人は雨の日にバス停で出会い、病院へ場面が展開します。
病院に似つかわしくないほど元気なヘウォン(チェ・ジウ)。

なんで病院なんだろう...

っていう展開です。

細かい事が気にならない韓流ファンなら十分泣けます。わーい(嬉しい顔)

<評価:もうやだ〜(悲しい顔)右斜め上

韓国、進んでますね。
画面横型の携帯電話が映画の中でショップにありました。

「チェ・ジウ」、「新貴公子」の場面で白のトレーニングウエアで
抜け出す場面があるんですが、これがまたカワイイ。
一度、ご覧あれ。

「ドキッ」としますよ。黒ハート







posted by 三十郎 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。