2007年02月17日

ブレイブストーリー/アニメ

ブレイブ ストーリー_DS320.jpg

監督:千明孝一
声の出演:松たか子、大泉洋、常盤貴子、ウェンツ瑛士
原作:宮部みゆき

宮部みゆきのファンタジー小説の映画化です。

主役のワタルの声を松たか子がやってますが、全然違和感なし。
うまいですね。

彼女の声、個人的には好きです。わーい(嬉しい顔)

冒険ファンタジーに社会性も持たせた作品です。
前半は、ストーリー展開がRPGゲームみたいです。

この映画のテーマは、非常に深い気がします。
でも、どこまで観客に伝わっているのでしょうか。

 「事実は何も決めない」

 「現実を受け入れる勇気をもつ」

 「問題は我にあり」

「私たちが抱く感情は、相手には存在しない。人が死んで
 悲しいのは自分であり、死者ではない。
 すべては、自分である。相手を変えても何も変わりはしない。」

なんてことが聞こえてきそうでした。

難しいテーマです。

<評価:犬晴れ右斜め上

もう少しカノンな日々さんは、うまく表現しています。





 
posted by 三十郎 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 4 アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家門の危機/韓国映画

家門の危機_000001_DS320.jpg

監督:チョン・ヨンギ
出演:シン・ヒョンジュン、キム・ウォニ、タク・チェフン
   コン・ヒョンジン、イム・ヒョンジュン

前回紹介した「家門の栄光」の続編です。

続編といってもストーリーが続いているわけではなくて
同じ系統の映画っていう感じのラブコメディー。

今回は、ヤクザ一家と検察官。

主演は、日本でも御馴染みのシン・ヒョンジュン。

この人、日本のTVドラマ「輪舞曲(ロンド)」に韓国側の
モグラで出演していた人です。

「天国の階段」でも、良い演技で泣かせてくれました。

   テファオッパーーーーもうやだ〜(悲しい顔)


相手役のキム・ウォニは、私は馴染みがありません。

この作品、前作よりもかなり面白い。

実は、こっちを観たくて先に「家門の栄光」を観ました。わーい(嬉しい顔)

韓国でも大ヒットだったようですが、うなずけます。

<評価:わーい(嬉しい顔)右斜め上右斜め上

気分転換には、もってこいです。

もう少し詳しい内容は、Hanahanaさんのブログを
どうぞ。






posted by 三十郎 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

家門の栄光/韓国映画

家門の栄光_000005_DS320.jpg

監督:チョン・フンスン
出演:チョン・ジュノ、キム・ジョンウン、ユ・ドングン
   ソン・ジル、パク・サンウク

ヤクザ一家の一人娘とIT企業エリートのラブコメディです。

主演は、チョン・ジュノ。
この人、ホテリアにも出演していたみたいですが、記憶に
ありません。わーい(嬉しい顔)

相手役は、「吹けよ春風」「パリの恋人」のキム・ジョンウン。

ドタバタのラブコメディーで気楽に観れます。

ジョンウンの家族は、やたら強いんですが見た目が
あまり強そうじゃないところがコメディーっぽい。わーい(嬉しい顔)

<評価:わーい(嬉しい顔)左斜め上

詳しくは、まみまみさんのブログを参考にしてください。







posted by 三十郎 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

それでもボクはやってない/邦画

それボク_DS320.jpg

監督:周防正行
出演: 加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、山本耕史

話題が身近なだけに食い入るように見てしまいました。わーい(嬉しい顔)

他人事ではありません。
ちょっとした勘違いが、人生を狂わせてしまうんです。

「お役所」に対して、どこか諦めがある私は思ったほど
熱くなりませんでした。間違われてしまう方にも責任が
あるとどこかで思っているのかもしれません。

しかし、日本の制度、お役所には腹が立ちます。

この映画で感じたことは、物事の重さの違い。

裁く人達と裁かれる人達の重さの違い。

同じものを見ているはずなのに。

自分の仕事の重さをもっと感じてほしいと痛感しました。

実際には、どうなのかわかりませんが、しっかりとした取材に
基づいたしっかりした映画だと感じました。

絶対観るべきです。

<評価:犬晴れ右斜め上右斜め上右斜め上

ニューヨークでの試写会で、観客から笑いが起こったとか。

私には笑えません。

日本は、笑われています。なにかおかしいですよね。

でも、親身になってくれる友達がいることが救いですね。

you-sakさんのページにもう少し詳しい内容が書かれています。

周防監督に拍手です。カチンコ






posted by 三十郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。