2007年01月21日

椿山課長の七日間/邦画

椿山_DS320.jpg

監督:河野圭太
出演者:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見
    志田未来、須賀健太

 いやー、邦画って良いですね。

良い掴みで始まって、結構泣かせてくれます。
発想も面白くてコミカルなところもある人情系ストーリーです。

子役?もお馴染みになった「14才の母」の未来ちゃんと
「三丁目の夕日」の健太君。

結構豪華キャストです。

でも、なぜか映画館の入りはイマイチだったようです。もうやだ〜(悲しい顔)

韓国映画も結構好きで、良いなーって思うんですが
邦画のレベルは侮れません。

ここ数年、上り調子の映画界、邦画も結構元気があるって
いう事を耳にします。今年も良い作品が公開されると良いですね。わーい(嬉しい顔)

<評価:ハートたち(複数ハート)晴れもうやだ〜(悲しい顔)右斜め上

良い映画でした。

原作は浅田次郎、朝日新聞に連載されていたようです。
原作は読んでいませんが、「本」には映画にはない味が
ありますよね。








posted by 三十郎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。