2007年02月05日

それでもボクはやってない/邦画

それボク_DS320.jpg

監督:周防正行
出演: 加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、山本耕史

話題が身近なだけに食い入るように見てしまいました。わーい(嬉しい顔)

他人事ではありません。
ちょっとした勘違いが、人生を狂わせてしまうんです。

「お役所」に対して、どこか諦めがある私は思ったほど
熱くなりませんでした。間違われてしまう方にも責任が
あるとどこかで思っているのかもしれません。

しかし、日本の制度、お役所には腹が立ちます。

この映画で感じたことは、物事の重さの違い。

裁く人達と裁かれる人達の重さの違い。

同じものを見ているはずなのに。

自分の仕事の重さをもっと感じてほしいと痛感しました。

実際には、どうなのかわかりませんが、しっかりとした取材に
基づいたしっかりした映画だと感じました。

絶対観るべきです。

<評価:犬晴れ右斜め上右斜め上右斜め上

ニューヨークでの試写会で、観客から笑いが起こったとか。

私には笑えません。

日本は、笑われています。なにかおかしいですよね。

でも、親身になってくれる友達がいることが救いですね。

you-sakさんのページにもう少し詳しい内容が書かれています。

周防監督に拍手です。カチンコ






posted by 三十郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画の感想
Excerpt: 映画を見た感想を書いています。今後もどしどし記事を増やしていこうと思っています。よろしくお願いします
Weblog: 映画@DVDの旅
Tracked: 2007-02-13 21:03


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。