2008年06月29日

椿三十郎/邦画



監督:森田芳光
出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ

今年最初の記事でもふれていましたが、やっと見ることが
できました。わーい(嬉しい顔)

三船敏郎主演の椿三十郎を忠実にリメイクしています。

やはり個人的には、三船敏郎のイメージが強く
織田裕二の椿三十郎には、違和感がありました。

特に、話し方と顔の表情。

結構対照的です。

ストーリーは、少し前の韓国映画みたいな荒削りな
ところはありますが、結構いいできたと思います。

前作をご存じない方は、いっそう楽しめると思います。

やはり、黒沢監督、三船敏郎は偉大でした。わーい(嬉しい顔)

<評価:晴れ右斜め上右斜め上


ブログランキングは、こちらです。





posted by 三十郎 at 17:39| ニューヨーク 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

用心棒/邦画

あけましておめでとうございます。

とうとう、「椿三十郎」が公開されましたね。わーい(嬉しい顔)

以前書きましたが、私の「三十郎」は、この映画の
タイトルから付けさせて頂きました。

この映画が、リメイクされて上映されるとは
嬉しい限りです。

この名前、他の映画にも登場することをご存知でしょうか。

今年の1作目は、名前にちなんでもうひとつの三十郎が
登場する映画「用心棒」を紹介したいと思います。

用心棒.avi_001032032.jpg

監督 : 黒澤明
出演 : 三船敏郎、仲代達矢、山田五十鈴

昔?、この頃の映画は登場人物のキャラクターがはっきり
行動に表れています。

とても、動きもキビキビしていて、コミカルです。

「七人の侍」が「荒野の七人」に受け継がれたように
この「用心棒」は、クリント・イーストウッドの
「荒野の用心棒」に受け継がれています。

実は、「荒野の用心棒」を先に観て、すっごく
面白かった記憶があります。

ストーリーもわかりやすく、黒澤監督の偉大さを
痛感します。

やっぱ、映画は面白い。

<評価:犬右斜め上右斜め上

世界の黒澤は、偉大だ。右斜め上


ブログランキング投票クリックお願いします。





posted by 三十郎 at 00:34| ニューヨーク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

フラガール/邦画

フラガール_DS256.jpg

監督:李相日
出演:松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優

現実と希望、昭和40年という時代には、こんな
ドラマがあったんですね。

厳しい現実と人の潔さ、一生懸命さに感動しました。

思った以上に「フラダンス」っていうのは激しい。わーい(嬉しい顔)

松雪さん、蒼井さんに拍手です。

すごく良い映画でした。わーい(嬉しい顔)
掛け値なしで泣けます。

<評価:もうやだ〜(悲しい顔)晴れ晴れ右斜め上右斜め上右斜め上

「INDY500」さんが詳しい内容を紹介されています。
参考にしてください。



面白い映画はここで探そう!






posted by 三十郎 at 21:56| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

それでもボクはやってない/邦画

それボク_DS320.jpg

監督:周防正行
出演: 加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、山本耕史

話題が身近なだけに食い入るように見てしまいました。わーい(嬉しい顔)

他人事ではありません。
ちょっとした勘違いが、人生を狂わせてしまうんです。

「お役所」に対して、どこか諦めがある私は思ったほど
熱くなりませんでした。間違われてしまう方にも責任が
あるとどこかで思っているのかもしれません。

しかし、日本の制度、お役所には腹が立ちます。

この映画で感じたことは、物事の重さの違い。

裁く人達と裁かれる人達の重さの違い。

同じものを見ているはずなのに。

自分の仕事の重さをもっと感じてほしいと痛感しました。

実際には、どうなのかわかりませんが、しっかりとした取材に
基づいたしっかりした映画だと感じました。

絶対観るべきです。

<評価:犬晴れ右斜め上右斜め上右斜め上

ニューヨークでの試写会で、観客から笑いが起こったとか。

私には笑えません。

日本は、笑われています。なにかおかしいですよね。

でも、親身になってくれる友達がいることが救いですね。

you-sakさんのページにもう少し詳しい内容が書かれています。

周防監督に拍手です。カチンコ






posted by 三十郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

椿山課長の七日間/邦画

椿山_DS320.jpg

監督:河野圭太
出演者:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見
    志田未来、須賀健太

 いやー、邦画って良いですね。

良い掴みで始まって、結構泣かせてくれます。
発想も面白くてコミカルなところもある人情系ストーリーです。

子役?もお馴染みになった「14才の母」の未来ちゃんと
「三丁目の夕日」の健太君。

結構豪華キャストです。

でも、なぜか映画館の入りはイマイチだったようです。もうやだ〜(悲しい顔)

韓国映画も結構好きで、良いなーって思うんですが
邦画のレベルは侮れません。

ここ数年、上り調子の映画界、邦画も結構元気があるって
いう事を耳にします。今年も良い作品が公開されると良いですね。わーい(嬉しい顔)

<評価:ハートたち(複数ハート)晴れもうやだ〜(悲しい顔)右斜め上

良い映画でした。

原作は浅田次郎、朝日新聞に連載されていたようです。
原作は読んでいませんが、「本」には映画にはない味が
ありますよね。








posted by 三十郎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

県庁の星/邦画

県庁の星_DS320.jpg

監督:西谷弘
出演:織田裕二 、柴咲コウ 、佐々木蔵之介

いやー、邦画っていいですね。

こういうビジネスストーリー、好きです。とっても面白かった。わーい(嬉しい顔)

タイトルから想像してもう少し違った展開を想像していたのですが
いい出来だと思います。

県庁のコーヒーラウンジが出てくるんですが、高級ホテルのラウンジ
みたいでお役所への風刺がよく効いています。
冒頭の窓口でのやりとりなんかも、面白い。

どちらかというと、こっちメインかと思ってました。

イメージ的には「スーパーの女」とダブる部分もありますが
仕事をする上での大切な事を思い出させてくれる映画だと
思います。

仕事に疲れている方、やる気を起こしたい方、必見です。

<評価:ハートたち(複数ハート)晴れ右斜め上右斜め上

もう少し詳しい内容を知りたい方、INDY500さんのページ
参考にどうぞ。


今、人気の作品は、ここで確認できるぞ!



posted by 三十郎 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

THE 有頂天ホテル/邦画

THE 有頂天ホテル_DS320.jpg

監督:三谷幸喜
出演:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾

やっと、観る事ができました。

いやー、元気が出る映画でした。

監督は「ラヂオの時間」の三谷幸喜、映画の雰囲気は
どことなく似ています。

ストーリーは都内の高級ホテル「ホテルアバンティ」で大晦日に
起こるいろんな出来事をコミカルに描いている作品です。

登場人物のそれぞれのストーリーが絡み合い、同時に進行
していきます。ホテルっていう所は、いろんな事が起きる
面白い場所なんですね。

配役もいろいろで、これも楽しみのひとつです。

お正月に観るには本当に良い映画だと思います。

<評価:わーい(嬉しい顔)晴れ右斜め上右斜め上

やっぱり、邦画は良いですね。


posted by 三十郎 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ALWAYS 三丁目の夕日/邦画

三丁目_DS256.jpg

監督:山崎 貴
出演:堤 真一 薬師丸ひろ子 堀北真希 小清水一揮 
   吉岡秀隆 小雪 須賀健太

 いやー、いい映画でした。
評判通りで、感動しました。

東京タワーが完成する昭和33年の東京下町を舞台にした
心温まるストーリー。

「テレビが家に来る」という事が町中のビッグニュースに
なる時代です。

貧しくて辛い事もあるけれど、活気があって前向きで純朴な
人々が描かれています。キャストもそれぞれ味があり、素晴らしい
演技でした。
登場人物の一生懸命さに、かつて舞台練習に汗を流していた頃の
ひた向きな気持ちが蘇ってきます。

今は、あの頃に比べ便利になり、物が溢れています。
しかし、人々を取り巻く環境は複雑になり隣人とのはだのふれあいも
少なくなっています。

テレビやパソコンがなくても、今以上に子供たちが楽しめた時代を
振り返り、何か忘れているものを探しましょう。

<評価:晴れ犬もうやだ〜(悲しい顔)右斜め上右斜め上右斜め上

soramoveさんのページも参考にどうぞ。

もっとガブガブ、続きをどうぞ。ο∂~
posted by 三十郎 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

忍/邦画

忍_DS320.jpg

監督:下山天    
出演:仲間由紀恵 、オダギリジョー 、黒谷友香

 今回は邦画です。

忍者かー、ってな あまり期待をしていないトーンで
見始めたんですが、結構楽しめました。

本屋で立ち読みした「バジリスク」とストーリーが重なって
いて、コミックは少し読んだだけだったのでコミックが
映画と同じなのかずっと気になっていました。

両方とも原作が山田風太郎の『甲賀忍法帖』なんですね。

実写なんでコミックほど大胆なアクションは難しいと
思いますが、もっとアクションシーンがあっても良いと
思います。

でも、オダギリジョーは良い男だなー。わーい(嬉しい顔)

コロさんのページも参考にしてください。

<評価:わーい(嬉しい顔)犬右斜め上

ぴったりの評価がないなー。
評価方法変えようかなー。わーい(嬉しい顔)

娯楽映画としては、十分楽しめます。台風



posted by 三十郎 at 21:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。