2007年01月27日

グエムル-漢江の怪物-/韓国映画

グエムル -The_DS320.jpg

監督 : ポン・ジュノ
出演 : ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、
     ペ・ドゥナ、コ・アソン

 韓国映画では珍しい怪獣映画です。

グエムルの登場シーンが、妙に滑らかな蛇のような動きで
エイリアンを思い出してしまいました。

少し間の抜けたソン・ガンホの演技が、作品をコミカルに
しています。
ペ・ドゥナの凛とした緊張感もよかった。

出演者の個性がはっきりしていて、メリハリが利いています。

韓国では、大ヒットだったにも関わらず、日本ではあまり
話題になりませんでした。

この原因のひとつに「結末」があると思います。
「結末」が違っていれば、日本でも大ヒットだったと思います。

しかし、特撮も非常にうまく出来ていて内容的にも
おもしろい映画でした。

又、韓国映画の幅が広がったみたいです。わーい(嬉しい顔)

<評価:がく〜(落胆した顔)晴れ左斜め上

でも、ヒットしなかっただけあって辛口評判も結構あります。

「よしなしごと」に辛口で詳しく書かれていますよ。








posted by 三十郎 at 20:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

椿山課長の七日間/邦画

椿山_DS320.jpg

監督:河野圭太
出演者:西田敏行、伊東美咲、成宮寛貴、和久井映見
    志田未来、須賀健太

 いやー、邦画って良いですね。

良い掴みで始まって、結構泣かせてくれます。
発想も面白くてコミカルなところもある人情系ストーリーです。

子役?もお馴染みになった「14才の母」の未来ちゃんと
「三丁目の夕日」の健太君。

結構豪華キャストです。

でも、なぜか映画館の入りはイマイチだったようです。もうやだ〜(悲しい顔)

韓国映画も結構好きで、良いなーって思うんですが
邦画のレベルは侮れません。

ここ数年、上り調子の映画界、邦画も結構元気があるって
いう事を耳にします。今年も良い作品が公開されると良いですね。わーい(嬉しい顔)

<評価:ハートたち(複数ハート)晴れもうやだ〜(悲しい顔)右斜め上

良い映画でした。

原作は浅田次郎、朝日新聞に連載されていたようです。
原作は読んでいませんが、「本」には映画にはない味が
ありますよね。








posted by 三十郎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

日本インターネット映画大賞/外国映画

「明日から吹く風」にコメントを頂きましたので、
外国映画部門の投票をこちらからします。

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「王の男」      8点
  「カーズ」      5点
  「美しき野獣」    4点
  「青春漫画」     4点
  「連理の枝」     4点
  「プラダを着た悪魔」 3点
  「ナイトウォッチ」  2点
【コメント】
  1年間も期間があると、忘れちゃいます。わーい(嬉しい顔)
  ブログを見直しましたが、記事にしていない映画も
  あって結構悩みました。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [イ・ジュンイク    ] (「王の男     」)

【主演男優賞】
   [カム・ウソン     ] (「王の男     」)

【主演女優賞】
   [チェ・ジウ      ] (「連理の枝    」)

【助演男優賞】
   [スタンリー・トゥッチ ] (「プラダを着た悪魔」)

【助演女優賞】
   [ソ・ヨンヒ      ] (「連理の枝    」)

【新人賞】
   [イ・ジュンギ     ] (「王の男     」)

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

「日本インターネット映画大賞」はこちら。





posted by 三十郎 at 00:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 3 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

硫黄島からの手紙/洋画

硫黄島_DS320.jpg

監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童

明けましておめでとうございます。

今年最初の映画は「硫黄島からの手紙」です。
出演者はほとんどが日本人で、会話もほとんど日本語。
でも、洋画なんです。

こういうスタイルの映画は初めてとの事。今までも日本をテーマに
した映画はありましたが、出演者が日本人ではない、会話が日本語
メインではない、内容が日本人の視点ではない等、見た目も「洋画」
だったんです。

今回の映画は、「父親たちの星条旗」と同じテーマで日本人の
視点で製作されています。これも異例です。

2作品とも監督は、「ダーティー・ハリー」のクリント・イースト
ウッド。

「ダーティー・ハリー 」はちょっと古いか。わーい(嬉しい顔)






もっとガブガブ、続きをどうぞ。ο∂~
ラベル:硫黄島 映画
posted by 三十郎 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 3 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

LOST Season1/ドラマ

LOST Season1_000003_DS320.jpg

「LOST(ロスト)」アメリカのTVドラマです。

飛行機が南の島に墜落するところから物語が始まります。

「墜落」という出来事とは対照的な真っ青な海と緑豊かな自然に
囲まれた謎の島でいろいろな事件が起こります。

ストーリー毎に特定の人物にスポットがあたり、過去に
纏わる人生ドラマが展開されます。

ドラマ背景が「漂流教室」に似ていて、真相がなかなか
わからないところが「X−ファイル」のようです。

結構、ハマリます。わーい(嬉しい顔)

シーズン1を見終わったのですが、現在はシーズン3とか。exclamation&question

うーん、じれったい。わーい(嬉しい顔)

<評価:犬がく〜(落胆した顔)右斜め上

このブログも、1年になろうとしています。

見ていただいている皆さん、ありがとうございます。

なかなか紹介する数が少なく、内容的にもまだまだですが
もう少しがんばろうと思いますので、これからもお願い致します。

皆さん、良いお年を! わーい(嬉しい顔)



ラベル:ドラマ LOST
posted by 三十郎 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 5 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

王の男/韓国映画

王の男_000001_DS320.jpg

監督:イ・ジュンイク
出演:カム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン

 とても味のある良い映画でした。

映像もとても美しく映画の中で演じられる劇も面白い。
出てくるお面も、日本の「ひょっとこ」みたいにとても表情豊かで
趣きがあります。

映画に出てくる王「燕山君」(ヨンサングン)は歴史的にも有名な
暴君だったようです。

旅芸人チャンセンを演じたカム・ウソンの演技が良かった。
台詞の一言一言に力と表情があり、勢いがありました。
映画の中の曲芸も、練習して実際に行っているようで、映画への
意気込みが感じられます。

相方のコンギルを演じたイ・ジュンギ、色っぽいねー。わーい(嬉しい顔)

実はイ・ジュンギ、「ホテルビーナス」のBOY役で出演
していたんですね。なんか今回の映画では、すごく大きく見えました。
成長したんですね。わーい(嬉しい顔)

ラストシーンは、胸が熱くなり思わず泣けてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

なぜ泣けるのか始めはよくわかりませんでしたが、泣けました。
「三丁目の夕日」の感動でも、「天国の階段」でもない感動。
ピュアな思いやりと自分の人生は自分が選んだんだという自信と
誇りに感動しました。

泣ける映画とは思っていなくて不意をつかれてしまいました。わーい(嬉しい顔)

是非、観るべき映画だと思います。

<評価:犬もうやだ〜(悲しい顔)右斜め上右斜め上右斜め上

「男色」がチラつく映画ですが、おかしな話じゃありませんから
構えないで観てください。わーい(嬉しい顔)









posted by 三十郎 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

ナイトウォッチ/洋画

ナイトウォッチ_DS320.jpg
監督:ティムール・ベクマンベトフ
原作:
セルゲイ・ルキヤネンコ
出演:コンスタンチン・ハベンスキー、ウラジーミル・メニショフ、
ガリーナ・チューニナ

ロシアでは、すごい人気のようです。

映像的には、マトリックスやロード・オブ・ザ・リングに通じるものが
あります。なかなかの映像です。

すこし、流血が多くて、キューピーみたいな人形に蜘蛛の足が
はえて走ったりとダークというか、グロイというかそんな映像も
ありますが、怖いもの見たさをかきたてる映画です。

少し、怪しくて刺激的な映画っていう感じでしょうか。

いきなり違う空間に行ってしまう辺りは、少し前の仮面ライダーを
思い出してしまいました。鏡?の中で戦うヤツあせあせ(飛び散る汗)

映画としては、3部作か4部作のようで、2作目の「ディウォッチ」が
ロシアでは公開されているようです。

<評価:ふらふらがく〜(落胆した顔)右斜め上

私としては、続編が気になる映画です。

もう少し詳しい内容は、トチオさんのブログを参考にどうぞ。

今、人気の作品は、ここで確認できるぞ!





posted by 三十郎 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 3 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。