2006年10月29日

県庁の星/邦画

県庁の星_DS320.jpg

監督:西谷弘
出演:織田裕二 、柴咲コウ 、佐々木蔵之介

いやー、邦画っていいですね。

こういうビジネスストーリー、好きです。とっても面白かった。わーい(嬉しい顔)

タイトルから想像してもう少し違った展開を想像していたのですが
いい出来だと思います。

県庁のコーヒーラウンジが出てくるんですが、高級ホテルのラウンジ
みたいでお役所への風刺がよく効いています。
冒頭の窓口でのやりとりなんかも、面白い。

どちらかというと、こっちメインかと思ってました。

イメージ的には「スーパーの女」とダブる部分もありますが
仕事をする上での大切な事を思い出させてくれる映画だと
思います。

仕事に疲れている方、やる気を起こしたい方、必見です。

<評価:ハートたち(複数ハート)晴れ右斜め上右斜め上

もう少し詳しい内容を知りたい方、INDY500さんのページ
参考にどうぞ。


今、人気の作品は、ここで確認できるぞ!



posted by 三十郎 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

THE 有頂天ホテル/邦画

THE 有頂天ホテル_DS320.jpg

監督:三谷幸喜
出演:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾

やっと、観る事ができました。

いやー、元気が出る映画でした。

監督は「ラヂオの時間」の三谷幸喜、映画の雰囲気は
どことなく似ています。

ストーリーは都内の高級ホテル「ホテルアバンティ」で大晦日に
起こるいろんな出来事をコミカルに描いている作品です。

登場人物のそれぞれのストーリーが絡み合い、同時に進行
していきます。ホテルっていう所は、いろんな事が起きる
面白い場所なんですね。

配役もいろいろで、これも楽しみのひとつです。

お正月に観るには本当に良い映画だと思います。

<評価:わーい(嬉しい顔)晴れ右斜め上右斜め上

やっぱり、邦画は良いですね。


posted by 三十郎 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

太陽に向かって/韓国ドラマ

太陽に向かって _000001_DS320.jpg

出演:クォン・サンウ、ミョン・セビン、チョン・ソンファン、
   キム・ジョンファ

やっと、見終わりました。全部で20話。

ラブコメディなんですが、ストーリーが少し強引。

イノシシのような性格のカン・ソンミン(クォン・サンウ)が
妹が入院した病院の女医チョン・ヘリン(ミョン・セビン)に
一目ぼれ。ここから、ドタバタが始まります。

いくつか韓国ドラマを観ましたが、私としてはイマイチでした。

クォン・サンウの軍服姿がカッコイイという方、必見かも。わーい(嬉しい顔)

<評価:ハートたち(複数ハート)右斜め下





posted by 三十郎 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 5 ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

連理の枝/韓国映画

連理の枝_000002_DS320.jpg

監督:キム・ソンジュン
出演:チェ・ジウ, チョ・ハンソン, チェ・ソングク, ソ・ヨンヒ

チェ・ジウ、好きです。

「冬ソナ」の相棒ペ・ヨンジュンの「四月の雪」がイマイチだったので
あまり気乗りしなかったんですが、とうとう観ました。

結構良い出来です。わーい(嬉しい顔)

韓国らしくおかしな点もいくつかありましたが、でも楽しめます。

主役ミンス(チョ・ハンソン)の友人ギョンミン(チェ・ソングク)が
コミカルで良い味を出してます。

2人は雨の日にバス停で出会い、病院へ場面が展開します。
病院に似つかわしくないほど元気なヘウォン(チェ・ジウ)。

なんで病院なんだろう...

っていう展開です。

細かい事が気にならない韓流ファンなら十分泣けます。わーい(嬉しい顔)

<評価:もうやだ〜(悲しい顔)右斜め上

韓国、進んでますね。
画面横型の携帯電話が映画の中でショップにありました。

「チェ・ジウ」、「新貴公子」の場面で白のトレーニングウエアで
抜け出す場面があるんですが、これがまたカワイイ。
一度、ご覧あれ。

「ドキッ」としますよ。黒ハート







posted by 三十郎 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

RENT/洋画

レント_000001_DS320.jpg

監督:クリス・コロンバス
出演:ロザリオ・ドーソン、アダム・パスカル、アンソニー・ラップ
  ジェシー・L・マーティン、トレーシー・トムズ、メディナ・メンゼル

 すごく良い感じのオープニング。

予備知識なしで観たのですが、オープニングの雰囲気を最後まで
維持できればすごかったんですが...

原作はジョナサン・ラーソン製作の舞台ミュージカル。
ブロードウェイで伝説となっている超有名ミュージカルです。

そのせいか、他のブログなんかも好意的な感想が多く、評価が
高めです。

扱っている題材が「オペラ座の怪人」とは違って社会的な事もあり
表現するのが難しいと思います。

全編ロックがベースになっていて、とても良いテンポの映画です。






もっとガブガブ、続きをどうぞ。ο∂~
posted by 三十郎 at 17:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 3 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

君は僕の運命/韓国映画

君は僕の運命_000004_DS320.jpg

監督: パク・ジンピョ
出演: チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン、リュ・スンス

あー、なんと嬉しそうな顔なんだろう。
どことなく、間抜けな気もするけど。

見たとおりの純朴な男と、世間に失望した訳あり女のラブストーリー。

楽しいばかりじゃない、それどころか大変な事がいろいろ起こる。
でも、まっすぐな愛を貫く男。

グッとくる場面もあって、一見の価値ありです。
結構、泣けますよ。もうやだ〜(悲しい顔)

詳しいストーリーは、くっきー・いむさんのブログをどうぞ。

<評価:もうやだ〜(悲しい顔)右斜め上



posted by 三十郎 at 22:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 2 アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カテゴリ修正しました

 いろいろ気になることがあって、あまり更新できて
いませんでしたが、気分を変えてカテゴリを修正しました。

トップにも追加しましたが、姉妹ブログにも映画紹介が
あります。

今後、少しづつですが、こちらに記事を移す予定です。

よろしく。わーい(嬉しい顔)
posted by 三十郎 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 8 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。